自宅で稼ぐ!ネットビジネスのおすすめランキング【2018年】

自宅で稼ぐネットビジネス副業のおすすめランキング

ネットビジネスは商店や飲食店などのリアルビジネスと比較して低予算・低リスクで誰でも始めることができます。

リアルビジネスで店舗経営を始めるなら少なくとも初期費用として数百万円掛かり、維持費も合わせるとかなりの金額になるので失敗のリスクが高いです。

一方、ネットビジネスは初期費用も維持費もほとんど掛からないのでうまく行かなかったとしても大きな痛手はありません。

自宅で稼ぐことに関心があるならネットビジネスを副業として始めてみてはいかがでしょうか。

この記事ではネットビジネスの特徴やおすすめランキング形式で紹介します。

スポンサーリンク

ネットビジネスのメリットとデメリット

ネットビジネス

ネットビジネスを始める人は年々増えていますが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

ネットビジネスのメリット5つ

費用が少なくて済む

先述した通り、リアルビジネスは初期費用や維持費にかなりの金額(数百万円)が掛かります。

ネットビジネスは種類にもよりますが、年間1~2万円程で済むものもあるので圧倒的に費用が少なくて済みます。

自宅で稼ぐことができる

稼ぐために移動する必要が無いので大切な時間が無駄になりません。

育児や介護などで家を離れられない状況の人でも自宅で稼ぐことができます。

いつ作業しても良い

場所や時間を問わず24時間365日いつでも自分の好きなときに作業できます。

ネットビジネスで最低限必要なものは「ネット環境」と「やる気」だけです。

たった1人で大きく稼げる

基本的に1人で作業することが多いです。

会社員だと与えられた仕事をやらなければなりませんが、ネットビジネスではその日に何をやるのか決めるのはあなたです。

稼げる金額は小遣い程度にとどまらず、数十万~数百万円あるいはそれ以上を稼ぐこともできます。

不労所得になり得る

アルバイトやパートは確実な収入アップになりますが、辞めた途端に収入が無くなります。

対してネットビジネスでは不労所得のような収入が得られるものもあります。

例えば、アフィリエイトで月収10万円稼ぐブログを作れば、後はたまに更新するだけで月収10万円を維持することも可能です。

あなたが何もしなくてもブログが24時間営業をしてくれるのです。

ネットビジネスのデメリット3つ

稼げるまでにある程度の時間が掛かる

アルバイトやパートは初月から確実に稼げますが、ネットビジネスは収入を得るまでに時間が掛かるものもあります。

特に不労所得のような収入が得られるタイプは後で楽ができる分、稼げるようになるまで数ヶ月は必要です。

孤独になる

1人で淡々と作業することが多いので孤独だと感じる人も中にはいます。

「社畜でも良いから人と絡んでいたい」という考えがあるならネットビジネスは向いていないかもしれません。

根気が必要になる

すぐに稼げる訳ではないのでモチベーションを維持できなくなったり、稼げるのか不安になってノウハウばかりを追い求める人(ノウハウコレクター)がいます。

正しい方法で作業を継続できれば必ず稼げるようになるので途中で諦めない根気が必要です。

逆に、簡単に諦める人が多いので今から取り組んでも稼げるチャンスとも言えます。

ネットビジネスのおすすめランキング

人気のあるネットビジネスを「稼げる金額」「稼げるまでの早さ」「費用の少なさ」「リスクの少なさ」の4つのポイントで評価してランキングにしました。

1位 アフィリエイト

アフィリエイト

稼げる金額
稼げるまでの早さ
費用の少なさ
リスクの少なさ

アフィリエイトとは、「加入する、提携する、関係する」という意味を持つインターネット広告のひとつです。

自分が運営しているサイトやメルマガなどに広告主へのリンクを張り、そのリンクを通じて商品が購入されると報酬が受け取れる仕組みになっています。

アフィリエイトには、紹介した商品が売れた時に報酬がもらえる「成果報酬型」、広告がクリックされるだけで報酬がもらえる「クリック報酬型」、広告が表示されるだけで報酬がもらえる「インプレッション報酬型」の3種類があります。

稼げるまでにある程度の時間は掛かりますが、初期投資や維持費がほとんど掛からずに(年間1~2万円程)不労所得のような収入が得られるようになります。

A8.net(エーハチネット)はサイトを持っていなくても無料でユーザー登録できるASPです。

どんな商品があるのか一度確認してみてください。

アフィリエイトで収入が得られる仕組みやアフィリエイト広告の種類3つについて解説します。種類ごとの特徴を理解して自分に合った方法を選びましょう。

2位 ドロップシッピング

ドロップシッピング

稼げる金額
稼げるまでの早さ
費用の少なさ
リスクの少なさ

ドロップシッピングとは、自分では在庫を持たずにメーカーの商品をインターネットで販売する仕入れ不要のネットショップです。

商品が売れるとメーカーに出荷の指示を出せば顧客への配送はメーカーが行ってくれます。

アフィリエイトと似ていますが、アフィリエイトは「紹介」なのに対して、ドロップシッピングは「販売」です。

ドロップシッピングは商品の販売価格を自分で決めれるのが特徴です。

一見すると利益率が高そうですが、実際には価格競争になるのでそう簡単には稼げません。

ドロップシッピングの定番はもしもドロップシッピングです。

3位 せどり

せどり

稼げる金額
稼げるまでの早さ
費用の少なさ
リスクの少なさ

せどりとは、店舗の処分品や値付けが甘い商品を安く仕入れてアマゾンやヤフオクで高く売るビジネス(転売)のことです。

言葉が生まれたきっかけは、転売業者が古本屋で本の背中のタイトルを見て買う本を選んだことだと言われています。

買って売るだけなので簡単ですが、ある程度の仕入れ費用が掛かり、売れなければ在庫を抱えてしまうので商品を管理する場所が必要になります。

作業がシンプルなので初心者でも比較的早く一定の収入を得ることが可能ですが、病気や怪我で動けなくなると仕入れや発送作業が出来なくなるので収入が止まります。

ヤフオクではジャンク品(=壊れた物)でも高く売れたりするのでせどりには欠かせません。

ヤフオクにはジャンク品が多数出品されています。 ジャンク品を探すにはヤフオクの検索ボックスに「ジャンク」と入力して検索すればたくさん出...

4位 FX

FX

稼げる金額
稼げるまでの早さ
費用の少なさ
リスクの少なさ

FXとは、外国為替(Foreign eXchange)の略で、米ドルやユーロなどの外国通貨を売買して損益が発生する外国為替証拠金取引のことです。

例えば「1ドル=100円」のときに1,000ドルを10万円で購入したとします。

数日後、円安で「1ドル=110円」になったら手持ちの1,000ドルは11万円と交換できるので1万円得をしますが、逆に円高で「1ドル=90円」になってしまったら手持ちの1,000ドルは9万円の価値しかないため1万円損をします。

FXは24時間取引でき、「レバレッジ」をかけることで入金したお金よりも大きな金額を扱うことも可能です。

ハイリスク・ハイリターンで手持ちの資金以上の損害を受けることもあるので初心者は注意が必要です。

DMM FXはFX口座数が国内第一位でスマホ用のアプリも出しているのでおすすめです。

まとめ

ネットビジネスのメリット・デメリットやおすすめランキングを紹介しました。

アフィリエイトはほとんどお金を掛けずに始められますし、不労所得になり得る点が魅力です。

別のブログになりますが、私は本気でアフィリエイトに取り組んでから2ヶ月目で30万円以上稼ぐことができました。

もちろん、誰でも早く稼げる訳ではありませんが、ネットだけで本当に稼げるんだなと実感しました。

その後数ヶ月完全放置してしまいましたが、その間も10万~20万円をブログが勝手に稼いでくれました。

楽して稼ぐために初めは頑張らないといけませんが見返りは非常に大きいのでおすすめです。

スポンサーリンク

フォローする