Windows10でシャットダウンのショートカットを簡単に作成する方法

Windows10のパソコンをシャットダウンするショートカットの作成方法を解説します。

シャットダウンのショートカットをデスクトップなどに配置しておけばダブルクリックするだけで簡単にWindowsを終了できます。

少しでも手間を減らしてパソコンをシャットダウンしたい方は是非試してみてください。

Windows10の通常シャットダウン(高速スタートアップ)の他、完全シャットダウンするショートカットについても触れます。

完全シャットダウンとは?という方は以下の記事を参照してください。

通常シャットダウンと完全シャットダウンの違い

スポンサーリンク

素早くシャットダウンするにはショートカットが便利

速い

Windows10ではファイルやフォルダ、Windowsアプリのショートカットを作成できます。

ショートカットは対象ファイルの上で右クリックしてメニューから作成したり、スタートメニューにあるアプリケーションアイコンをデスクトップにドラッグ&ドロップすることで作成できます。

ショートカットの作成に関する詳しい説明はこちらの記事を参照してください。

Windows10でショートカットアイコンを作成する方法

大抵の場合、シャットダウンする時はスタートメニューを開いて「電源 > シャットダウン」という手順を踏むことが多いと思いますが、シャットダウンも実行ファイルなのでショートカットを作成することができます。

スタートメニューからシャットダウンを選ぶ方法もそれ程手間は掛かりませんが、もっと楽に素早くシャットダウンさせたいという方はショートカットを作成してみましょう。

シャットダウンのショートカットを作成する方法

まずは通常のシャットダウン(高速スタートアップ)のショートカット作成方法について解説します。

デスクトップあるいはショートカットを配置したい場所までエクスプローラーで進んで、右クリックして「新規作成 > ショートカット」を選択します。

右クリックメニューからショートカット作成

「ショートカットの作成」ウィンドウが表示されるので「項目の場所を入力してください」に「shutdown -s -t 0 -hybrid」を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

※上記コマンドの「-(ハイフン)」は「/(スラッシュ)」でも構いません。

シャットダウン(高速スタートアップ)のコマンドを入力

-s コンピューターをシャットダウンします。
-t 0 シャットダウンまでのタイムアウト期間を0秒に設定します。
-hybrid コンピューターのシャットダウンを実行し、高速スタートアップの準備をします。

※shutdownのオプションはコマンドプロンプトで「shutdown /?」と入力すると確認できます。

「shutdown」と「shutdown.exe」は同じ?

Windowsでシャットダウンのショートカットを作成する方法を解説しているサイトの中には「shutdown.exe -s -t 0 -hybrid」のように「.exe」を付けているところもあります。

shutdown.exeはWindowsのシステムに組み込まれた(パスが通っている)実行ファイルなので拡張子を省略して「shutdown」と指定するだけで「shutdown.exe」として扱ってくれます。

ちなみにshutdown.exeはデフォルトでは「C:\Windows\System32」の中にあります。

続いてはショートカットの名前を入力する画面になるので「このショートカットの名前を入力してください」に任意の名前(シャットダウンなど)を入力して「完了」ボタンをクリックします。

ショートカットの名前を入力

Windowsをシャットダウンするショートカットが作成されました。

シャットダウンのショートカット

このショートカットをダブルクリックするとWindowsを終了させることができます。

注意点

シャットダウンのショートカットを実行すると即座にシャットダウンが始まるので大切なデータはあらかじめ保存しておいてください。

完全シャットダウンのショートカットを作成する方法

完全シャットダウンのショートカットの作成手順は上記とほとんど変わりません。

デスクトップあるいはショートカットを配置したい場所までエクスプローラーで進んで、右クリックして「新規作成 > ショートカット」を選択します。

右クリックメニューからショートカット作成

「ショートカットの作成」ウィンドウが表示されるので「項目の場所を入力してください」に「shutdown -s -f -t 0」を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

完全シャットダウンのコマンドを入力

-s コンピューターをシャットダウンします。
-f ユーザーに警告せずに実行中のアプリケーションを強制終了します。
-t 0 シャットダウンまでのタイムアウト期間を0秒に設定します。

ショートカットの名前を入力する画面になるので「このショートカットの名前を入力してください」に任意の名前(完全シャットダウンなど)を入力して「完了」ボタンをクリックします。

完全ショートカットの名前を入力

Windowsを完全シャットダウンするショートカットが作成されました。

完全シャットダウンのショートカットアイコン

このショートカットをダブルクリックするとWindowsを終了させることができます。

注意点

完全シャットダウンのショートカットを実行すると即座にシャットダウンが始まるので大切なデータはあらかじめ保存しておいてください。

シャットダウンのショートカットアイコンを変更する

ここまでの説明でショートカットが作成できたかと思いますが、アイコンが少し分かりにくいので変更してみましょう。

作成したショートカットを右クリックしてメニューを開き「プロパティ」を選択します。

ショートカットのプロパティを選択

「ショートカットのプロパティ」が表示されるので「ショートカット」タブを選択して「アイコンの変更」ボタンをクリックします。

ショートカットのアイコンを変更する

アイコンの変更の確認画面が表示されるので「OK」ボタンをクリックします。

ショートカットアイコン変更の確認

アイコン一覧が表示されるので好きなアイコンを選択して「OK」ボタンをクリックします。

ここでは電源オフのアイコンを選択していますが分かりやすいものなら何でも構いません。

シャットダウンのショートカットアイコンを選択

「ショートカットのプロパティ」に戻るので「OK」ボタンをクリックします。

シャットダウンのショートカットアイコン変更を完了させる

デスクトップのショートカットを確認するとアイコンが指定したものに変更されているのが確認できます。

シャットダウンアイコンを電源オフに変更した状態

シャットダウンと一目で分かるようになったのでショートカットがたくさん並んでいても見つけやすくなりました。

まとめ

Windows10をシャットダウンするショートカットの作成方法について解説しました。

WindowsはOSのバージョンが上がる度にシャットダウンの手順が少し変わるのでデスクトップにショートカットアイコンを置いておくと迷うことがありません。

作成したショートカットは右クリックメニューから「スタートにピン留めする」や「タスクバーにピン留めする」を選んでアクセスしやすい位置に配置することもできます。

ショートカットをタスクバーにピン留めする

シャットダウンショートカットをスタートやタスクバーにピン留め

自分の使いやすいようにカスタマイズして利用してください。

スポンサーリンク

フォローする