WordPressで記事IDを指定してタイトルや本文などの投稿情報を取得する方法【get_post】

WordPressカスタマイズ

WordPressで記事IDを指定して投稿データを取得する方法を紹介します。

get_postを使用すると記事のタイトルや本文、投稿日時といった記事に関する情報が取得できます。

スポンサーリンク

get_post|記事の情報を取得する

get_postは指定された記事IDのレコードをデータベースから取得します。

投稿オブジェクトを指定して、そのオブジェクトの各フィールドを無害化(サニタイズ)する場合にも使います。

使い方

パラメータ

$id [整数 | WP_Post | null] [オプション] [初期値:null]
記事IDまたは投稿オブジェクト
省略すると現在の投稿が取得されます。
$output [定数] [オプション] [初期値:OBJECT]
戻り値の型

  • OBJECT(オブジェクト)
  • ARRAY_A(連想配列)
  • ARRAY_N(インデックス配列)
$filter [文字列] [オプション] [初期値:’raw’]
無害化のコンテキスト

  • ‘raw’
  • ‘edit’
  • ‘db’
  • ‘display’
  • ‘attribute’
  • ‘js’

使用例

オブジェクト形式でデータを取得

連想配列形式でデータを取得

戻り値

[WP_Post | 配列 | null]

$outputにOBJECTを指定するとWP_Postオブジェクト、ARRAY_*を指定すると配列が返されます。

指定された記事IDが存在しない場合やエラーが発生した場合にはnullが返ります。

戻り値のフィールドは以下の通りです。

ID [整数]
投稿ID
post_author [整数]
投稿者ID
post_date [文字列]
投稿日時
( YYYY-MM-DD HH:MM:SS )
post_date_gmt [文字列]
GMTでの投稿日時
( YYYY-MM-DD HH:MM:SS )
post_content [文字列]
本文
 post_title [文字列]
タイトル
post_excerpt [文字列]
抜粋
post_status [文字列]
公開ステータス
( publish | pending | draft | private | static | object | attachment | inherit | future )
comment_status [文字列]
コメントステータス
( open | closed | registered_only )
ping_status [文字列]
ピンバック/トラックバックステータス
( open | closed )
post_password [文字列]
閲覧パスワード
 post_name [文字列]
スラッグ
to_ping [文字列]
ピン通知URL
pinged [文字列]
ピン通知済みURL
post_modified [文字列]
更新日時
( YYYY-MM-DD HH:MM:SS )
 post_modified_gmt [文字列]
GMTでの更新日時
( YYYY-MM-DD HH:MM:SS )
 post_content_filtered [文字列]
一時的な利用を想定された本文
通常は空。
post_parent [整数]
親ID
固定ページや添付ファイルなどで使う。
 guid [文字列]
投稿へのリンクの書式になっている識別子
例)http://takalog.jp/?page_id=1290
 menu_order [整数]
固定ページの表示順序
post_type [文字列]
投稿タイプ
( post | page | attachment )
post_mime_type [文字列]
添付ファイルのときMIMEタイプ
例)image/png
comment_count [整数]
コメント数
 filter [文字列]
無害化のコンテキスト
( raw | edit | db | display | attribute | js )

まとめ

get_postを使うと投稿情報が取得できますが、パーマリンクやサムネイル画像、カテゴリといった情報は含まれていません。

それらの情報を取得したい場合は別の関数を使用してください。

get_permalink|記事のパーマリンク(URL)を取得する

get_the_post_thumbnail|記事のサムネイルを取得する

get_the_category|記事のカテゴリーを取得する

スポンサーリンク

フォローする