Windows10でエクスプローラーのフォルダ表示を固定・記憶する方法

Windows10

Windows10でエクスプローラーのフォルダ表示を固定化する方法について解説します。

フォルダ表示を固定すれば同じタイプのフォルダを開いた時に、あらかじめ設定したレイアウトで表示させることができます。

例えば、画像の入ったフォルダは詳細表示ではなくアイコン表示になっている方が使いやすいですよね。

新しくフォルダ作成する度に表示形式を設定し直すのは面倒です。

エクスプローラーにフォルダ表示を記憶させるとそういった手間が無くなります。

スポンサーリンク

Windows10のフォルダの種類を変更する方法

初めにWindows10のフォルダの種類について理解しておきましょう。

Windows10のフォルダには次の5つの種類があります。

フォルダの種類
  1. 全般
  2. ドキュメント
  3. ピクチャ
  4. ミュージック
  5. ビデオ

現在開いているフォルダの種類を確認するには何も無いところで右クリックして「このフォルダーのカスタマイズ」を選択します。

フォルダーのカスタマイズを選択

するとフォルダのプロパティが開いて「カスタマイズ」タブが選択された状態になるので、「フォルダーの種類」を見てください。

フォルダーの種類を確認

上記ではピクチャが割り当てられていました。

フォルダの種類はWindowsがフォルダに含まれるファイルから自動で判断しますが、ここから任意のものに変更することができます。

Windows10のフォルダ表示を変更する方法

Windows10のフォルダには次の8つのレイアウトが設定できます。

フォルダのレイアウト
  1. 特大アイコン
  2. 大アイコン
  3. 中アイコン
  4. 小アイコン
  5. 一覧
  6. 詳細
  7. 並べて表示
  8. コンテンツ

フォルダのレイアウトを変更する方法は2種類あります。

リボンから変更する

フォルダのレイアウトを変更するにはエクスプローラーの上の方にある「表示」をクリックして「レイアウト」の中から選択します。

フォルダ表示を変更

リボンからの変更だと「並べて表示」と「コンテンツ」が隠れていますが、すぐ横のスクロールバーをクリックすると表示されるようになります。

右クリックメニューから変更する

何も無いところで右クリックして表示されるメニューの「表示」の中からもフォルダ表示を変更できます。

右クリックメニューからフォルダ表示を変更

Windows10のフォルダ表示を固定する方法

フォルダ表示を変更しても新しいフォルダを作成したりフォルダの階層を移動していると表示形式が変わってしまうことがあると思います。

都度変更するのが面倒な場合はフォルダ表示を固定化させると手間が無くなります。

まずは、上記の「Windows10のフォルダ表示を変更する方法」を参考にフォルダの表示形式を好みのものに変更しておいてください。

今回はフォルダの種類がピクチャになっているフォルダを大アイコンにしました。

フォルダ表示を大アイコンに変更

設定が済んだら、エクスプローラーの上の方にある「表示」をクリックして「オプション」を選択します。

フォルダ表示のオプションを選択

フォルダーオプションが開くので「表示」タブを選択して「フォルダーに適用」ボタンをクリックします。

フォルダ表示を固定する方法

確認のダイアログが表示されるので「はい」ボタンをクリックします。

フォルダ表示をすべてに適用して良いのか確認

フォルダーオプションに戻り「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。

フォルダ表示を記憶させてから閉じる

以上でフォルダ表示の固定化は完了です。

試しに、一覧表示になっていた他のピクチャフォルダを見ると大アイコン表示に変わっていることが確認できました。

フォルダ表示が大アイコンに固定化された

まとめ

Windows10でエクスプローラーのフォルダ表示を固定する方法について解説しました。

フォルダごとに表示形式が違っていると少し扱いづらいですがフォルダの種類ごとに一括で変更できます。

一括変更した後でも個々のフォルダごとに設定を変えることもできるので是非フォルダ表示の固定化を試してみてください。

スポンサーリンク

フォローする