Ultimate Nofollowの使い方と設定|リンクにrel=”nofollow”を追加できるWordPressプラグイン

WordPressプラグイン

Ultimate Nofollowは任意の外部リンクに「rel=”nofollow”」を簡単に追加できるWordPressのプラグインです。

プラグインが無くても投稿画面でテキストモードにしてからnofollowを記述することはできますが、ビジュアルモードから切り替えて該当箇所を探して入力するのは手間です。

Ultimate Nofollowを使えば「リンクの挿入」画面を開いた時に、リンクをnofollowにするかどうかを選ぶことができるようになります。

この記事ではUltimate Nofollow使い方設定について解説します。

スポンサーリンク

Ultimate Nofollowの概要

Ultimate Nofollow

Ultimate Nofollowはaタグのリンクに「rel=”nofollow”」を追加できるWordPressのプラグインです。

外部リンクにrel=”nofollow”を追加しておくと、ページランク(Googleからの評価)を外部サイトに渡さなくなります。

※渡さなくなったページランクは消滅(PageRankスカルプティングの無効化)するようになったのでページランクの調整には使えません。

クローラーが外部サイトを巡回しないようにもなるので、自サイトのインデックスを促進させたいような場合にnofollowを利用できると思います。

WordPressでリンクにnofollowを設定するには投稿画面でHTMLモード(テキストモード)に変更してタグを編集すれば良いですが、rel=”nofollow”を頻繁に使う場合は結構な手間になります。

そのような場合はUltimate Nofollowをインストールして、ビジュアルモードの「リンクの挿入」画面からnofollowのオン・オフを切り替えられるようにしておくと便利です。

主な機能
  1. 記事編集の「リンクの挿入」画面からrel=”nofollow”の設定ができる
  2. コメント欄のリンク全てにrel=”nofollow”を追加できる
  3. ショートコード機能が利用できる

Ultimate Nofollowのインストール

Ultimate Nofollowのインストール

Ultimate Nofollowを導入するには、WordPress管理画面から検索するかWORDPRESS.ORGからダウンロードしたファイルをアップロードしてインストールします。

Ultimate Nofollowのダウンロード|WORDPRESS.ORG

検索してインストール
  1. WordPress管理画面を開く
  2. サイドバーから「プラグイン > 新規追加」をクリック
  3. 「Ultimate Nofollow」で検索
  4. 「今すぐインストール」した後で「有効化」をクリック
アップロードしてインストール
  1. WORDPRESS.ORGからファイルをダウンロード
  2. WordPress管理画面を開く
  3. サイドバーから「プラグイン > 新規追加」をクリック
  4. 「プラグインのアップロード」でファイルを指定
  5. 「今すぐインストール」した後で「プラグインを有効化」をクリック

Ultimate Nofollowの使い方

ビジュアルエディタでの使い方

WordPressの投稿画面を開いたら以下の手順でnofollowを設定できます。

1投稿画面でリンクにしたい文字を選択します

2ツールバーにある「リンクの挿入/編集」をクリックします

3URLを入力するフォームが表示されるので歯車アイコンの「リンク設定」をクリックします

Ultimate Nofollowの使い方(ビジュアルモード)

すると「リンクの挿入/編集画面」が表示されます。

プラグインをインストールしたことで「Add rel=”nofollow” to link」という設定項目が追加されているので、ここにチェックを入れます。

「リンクの挿入/編集」でnofollowを設定

リンクを追加した後でテキストモードでHTMLソースを確認すると、aタグにrel=”nofollow”が設定されていることを確認できます。

nofollowの追加を確認

テキストエディタでの使い方

ビジュアルエディタと使い方はほとんど同じです。

1投稿画面でリンクにしたい文字を選択します

2ツールバーにある「link」をクリックします

Ultimate Nofollowの使い方(テキストモード)

すると「リンクの挿入/編集画面」が表示されます。

「Add rel=”nofollow” to link」という設定項目が追加されているので、ここにチェックを入れます。

「リンクの挿入/編集」でnofollowを設定

リンクを追加すると、aタグにrel=”nofollow”が設定されていることを確認できます。

nofollowの追加を確認

ショートコードの利用方法

Ultimate Nofollowをインストールするとショートコードが利用できます。

用意されているのは [relnofollow]、[nofollow]、[nofol]、[nofo]、[nf] の5つで、以下のようにして使います。

オプションとしてtitleとtarget属性を追加することができます。

Ultimate Nofollowの設定

Ultimate Nofollowの設定画面を開くにはWordPress管理画面から「設定 > Nofollow」をクリックします。

Ultimate Nofollowの設定画面を開く

設定は2項目しかありません。

Ultimate Nofollowの設定

Nofollow all links in comments? コメントの中にある全てのリンクにrel=”nofollow”を設定するかどうか。
Nofollow all blogroll links? 全てのブログロールにrel=”nofollow”を設定するかどうか。

ブログロールとは?

ブログロールとは、ブログの管理人が面白いと思ったWebサイトへのリンクをリスト化したものです。

WordPressのバージョン3.5までは管理画面に「リンク」という項目があり、ここでブログロールの設定ができましたが、3.5以降は非表示になっています。

リンク機能を使いたい場合はLink Managerという公式プラグインをインストールすれば表示されるようになります。

まとめ

外部リンクにrel=”nofollow”を追加できるUltimate Nofollowの使い方と設定について解説しました。

PageRankスカルプティングの無効化により、ページランクの調整ができなくなったためnofollowはあまり注目されなくなりました。

しかし、nofollowを設定しておくとクローラーの外部サイトへの巡回を止めることができるので、自サイトだけクロールして欲しい場合などに利用できます。

スポンサーリンク

フォローする